INFORMATION

2024年からの医師の残業時間案

厚生労働省は2024年4月から適用する医師の残業時間を一般の医師については休日労働込みで年960時間とする方向で調整を進めていますが、地域医療の確保に欠かせない病院の医師や、研修医など技術向上が必要な医師には月100時間超を容認する方向で検討をしています。病院の勤務医のうち1割の医師が月160時間を超えており、厚労省内ではこのラインを上限とする案もあります。
一般労働者には休日労働を除き残業時間を年720時間の上限適用が決まりましたが、医師には「応召義務」などがあり、働き方も特殊なためです。

新着